三津橋産業株式会社-タイトル
CSR_林産試験場タイトル
2016年10月 北海道森林管理局 旭川事務所の主催による素材生産販売業務現地検討会が開催され弊社も協力させて頂きました。
国有林・道有林の管理者が約30名集まり「あて・ぬれ材の製材検証」という議題について、弊社の針葉樹製材工場にて原木、製材の検証を行いました。
まず、素材山林課による「あて・ぬれ」を含んだ原木の状況について受入検品時に含まれる割合や木口から見た時の違いについて説明し、 次に針葉樹工場長による「あて・ぬれ」を含んだ原木で構造材・羽柄材等の建材を生産した場合に製品にどのようにどれくらいの影響を与えるのか、生産現場での取り組みについてお伝えしました。
また製材の生産現場を直接見て頂き、原木から製材になる工程について視察して頂きました。 山、素材を管理する国有林・道有林関係者と情報共有し川上から効率化や問題点、改善点について意見交換する事で、さらなる道産材の品質の向上や林産業の発展につながるという思いで積極的に協力しております。

業務現地検討会-こぐちで比較 業務現地検討会-製材を比較 業務現地検討会-生産現場視察
Copyright © MITSUHASHI & COMPANY.,LTD. All Rights Reserved.