三津橋産業株式会社 タイトル
Wood_エコ製材タイトルバー

原料集荷

製材やチップの原料である原木は、北海道の山奥で植樹、間伐など人の手を掛けて育て、数十年の長い間自然の恵みを頂き
立派な木に成長したら伐採して工場へ運びます。
この造林・造材作業は製材製紙産業にとって欠かせない仕事であり、北海道の山や自然を守るためにも大切な事業です。
植える→育てる→収穫する このサイクルが環境に優しい再生可能な資源となる仕組みのひとつです。
しかし山の作業は災害も多く自然破壊にも繋がるイメージでしたが現在ではより安全でかつ環境に配慮した新しい林業として生まれ変わっています。
三津橋産業グループは山の未来を見つめる林業を目指しています。
環境に優しいサイクル図

生産加工

各工場へ運搬された原木は、製材・チップに加工されます。
工程中に発生する副産物も集積し無駄無く利用します。

バーク(木の皮)は燃料として利用される他、牛舎でも利用されいます。
端材などはチップへ
のこ屑は牛舎や菌床として利用できるため、木は無駄なく利用されます。

製材を乾燥させる為のボイラーの燃料はバークを利用し、木が育つ過程で吸収した二酸化炭素を還元します。
生産フロー図
加工過程に木材を乾燥させる工程があります。
当社のボイラーは 化石燃料をつかわずバイオマス燃料を利用する事で新たな二酸化炭素の発生を抑えています。

環境に優しい乾燥製材 『eco 製材』を生産し循環型社会の構築をしています。
木材を通して北海道の自然を守り事業を運営しております。

Copyright © MITSUHASHI & COMPANY.,LTD. All Rights Reserved.